オメガ3脂肪酸 効果

オメガ3脂肪酸とは

 

オメガ3は、青魚、えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、緑黄色野菜、豆類など
に含まれているα-リノレン酸などの不飽和脂肪酸で、血流改善、生活習慣病予防、
脳の活性化、美容などがあります。

 

成分は、神経組織の発育や機能の維持に欠かせない成分のDHAと、
血液をサラサラにして、血小板を凝集させ物質の生成を抑える作用に優れているEPAと、
動脈硬化を予防する効能に優れていて、血管の損傷を修復する能力のあるDPAなどから
成り立っています。

 

オメガ3は悪玉コレステロールを減らして血をサラサラにし、中性脂肪を減らしてくれます。

 

オメガ3の成分のEPAには血液の粘度を減らして血液を流れやすくしたり、
血小板が血管内で固まるのを防ぐ作用があり、中性脂肪の血中濃度を下げる働きによって
心臓や循環器系統の病気のリスクを減らす効果があります。

 

また、これらの作用によって内臓脂肪がスムーズに燃焼され、ダイエットやメタボ予防
にもなります。

 

オメガ3には炎症やアレルギーの原因となっているプロスタグランジンの量を低下させる
働きもあり、同時にアラキドン酸の働きや合成を抑える作用もあるので、花粉症や
アレルギーの予防と改善に繋がります。

 

また、アラキドン酸は過剰に摂取するとガンの原因になる可能性があり、
アラキドン酸の働きを抑える働きによってガン細胞の増殖するスピードを遅くしたり、
転移を抑制したり、ガン細胞に細胞死を起こさせる効果があります。

 

オメガ3にはホルモンバランスを整える働きもあり、加齢によるホルモンの減少を防いでくれ、
DHAの働きによって脳の老化を防ぎ、脳内の情報伝達が活性化されて、脳の老化が
抑えられます。

 

オメガ3の具体的な効果として、脳の活性化、生活習慣病の予防、視力の回復、
アレルギー反応の抑制、ガンの予防、アレルギーの改善、肌トラブルの改善、
糖尿病の予防・改善、免疫機能の強化、アルツハイマー病の予防・改善など
多くの効果が期待されています。

 

注目の脂肪酸、オメガ3脂肪酸の健康効果とは